通勤時に使いたい!英会話の学習アプリは「Podcast」が群を抜いておすすめ

あなたは英会話をアプリで習得しようと思ったことはありますか?
また、そのときにどのアプリを選んだら良いか迷ったことはありませんか?

私が探した限りでも数百種類の英会話学習アプリがあり、ストアの評価の信ぴょう性もあまりないので、どれを使用していくか迷っていました。

その中でもさまざまなアプリを使用した上で、私の中での答えが出ました。

もちろんあなたのレベルによって使うべきアプリや教材というのは異なるのですが、初心者~中級者であれば『Podcast』というアプリが間違いなく効率よく成果を出すことができます。
中級~上級者であれば【TED Talks】というサービスも利用すると尚良いです。

今回はPodcastについて詳しく説明したいと思います。

Podcastってどんなアプリ?

twitter-292994__340

Podcast(ポッドキャスト)とは、インターネットラジオ・インターネットテレビのことです。WEB上で公開されている音声や動画データを利用することができます。
語源はiPod(アイポッド)と放送(ブロードキャスト)を組み合わせた造語で、音楽プレイヤーで放送や配信が聴けるって意味で名づけられいます。

いつでもラジオを、しかも遡って聴くことが出来るのはすごく便利ですね!

もともとアップルとは無関係だったのですが、後にほぼ自動で番組をダウンロードしてiPodシリーズに転送する機能がiTunesに組み込まれました。
iPhoneでもAndroidでもストアで『Podcast』と検索するとダウンロードが出来ます。

では具体的にどんなアプリかと言うと、購読したい番組を選択してマイPodcastというところへ保存されます。マイPodcastから聴きたい番組を選択していつでも聴くことができるようになります。音楽プレイヤーのプレイリストと同じ役割ですね。

IMG_8800

私は不器用なためラジオを聴いたりしながら、他の作業が出来ないので必要最低限の番組しかダウンロードしておりませんが番組は様々あり、政治・経済・文化・社会などをテーマに取り上げるニュース番組であったり、英語や韓国語の学習番組もあれば、芸術作品の紹介もあります。中でもお笑い芸人の持つ番組が比較的人気のようです。

Podcastの3つの魅力

1.オフラインでも聴けるので通勤・通学に便利

passengers-1150043__340

通勤中の電車って・・・ヒマですよね。

YouTubeなどを筆頭に動画サービスの市場がとても活発になってきており、良い時間潰しになるのですが、最近ではデータの容量オーバーによる速度制限に悩む方もさぞ多いかと思います。
電車で動画なんかを観てしまうと月の中ごろにはキャリアから速度制限のお知らせがきちゃって大変です。

しかし、Podcastにはダウンロード機能がありダウンロードをすることで、地下鉄や圏外などのデータ通信がないところでも視聴可能になります。

IMG_8799

番組タイトルの右にある「・・・」というところをタップすると上記画像のようにメニューが開くので、上から3つ目の「エピソードをダウンロード」というところを選択します。
これでいつでもどこでも好きな番組を聴くことが出来ます。

自宅にいるときなど、WiFiの環境下があるところでやっておくのをオススメします。

2.速度調整が出来るのでネイティブ英語に慣れる

 

このアプリの良いところは海外のラジオ番組がそのまま聴けることです。
つまり、ネイティブの会話を聴くことが出来ます。

英単語帳に付属しているCDですとか、映画の中の英会話などは、リアリティに欠けており、実践的なものとはかけ離れています。

しかし放送中に流れてくる英語は『会話』そのものです。

現地の方が対話している様子をそのまま聴くことが出来るので、言い回しなどがネイティブそのものなのです。

自分に合うジャンルの番組を選んで聴くことができれば、自分に必要な言い回しなどの習得への最短の道となります。

アプリに入っているもともとの機能で速度の調整が出来るので、「聞き取れそうで聞き取れなかった!」というフレーズに関しては巻き戻しをして、さらに速度を遅くして聴くなんてことも出来るのです。

3.時間の浪費が減る

clock-650753__340

人生、「ヒマな時間」というのは意外と多いもので、その間に我々は誰かのブログを読んだり、YouTubeを観たり、スマホでゲームをしたり、さまざまなことをして時間を潰します。

たしかにyoutubeなどは面白いチャンネルやタイトルが沢山あります。一つの動画を見終えるころには、関連動画が出てくるのでそれをクリックしてしまい、「気づけば2時間が経っていた!」なんてこともざらにあるようです。

余暇として楽しむのは当然ありだと思います。

ですが、例えば通勤時間だけはリスニング時間に充ててみてはどうでしょうか?計算してみましょう。


通勤時間は人によって様々ですよね。ここではドアtoドアで1時間としましょう。

平日が出勤日だとすると、月間あたりおよそ21日出勤することになると思います。

通勤と退勤あわせて1日2時間ですので、

2h × 21日 =42h

月に42時間を移動時間に充てていることになります。


42時間あれば、数千もの英単語を覚えることができますし、意識しながら英会話を聞いていると、耳が自然と英語に慣れてきます。

単語を知っていれば、聞き取れない単語があろうと、どういう会話をしているかなんとなくわかるようにもなっています。

仕事や学校から帰ってからは、余暇として好きなことを好きなだけしてもいいと思いますが、一日の中のどこかの時間を削ってぜひとも英語学習の時間に充ててほしいと私は切に願います。

購読はバイリンガルニュースがおすすめ

newspaper-154444__340

世の中にはラジオ番組が数え切れないほどあります。
私が英語学習としてオススメしているのは「バイリンガルニュース」という番組です。

毎回、複数のテーマを提示し、それについて日本人の女性と外国人のマイケルが対話をするというありきたりな番組ですが、日本語と英語どちらも使って対話するので、英語がわからないあなたでも内容が頭に入ってきます。

テーマはさまざまで「木の種類」、「蜘蛛のごはん量」といったどうでもいい(すみません)日常会話のようなものであったり、「電気航空機」や「火星に人口磁場」など社会に対して建設的な会話を繰り広げることもあります。

この番組の良いところはここで、日常会話のようなどうでもいい会話こそ、我々が必要としているスキルの一つなのではないでしょうか。

そして聴いていて面白いテーマのものが多いので毎週の購読がとても楽しみです。

バイリンガルニュースには専用のアプリがあります。

過去のテーマでの対話がどのようなものだったを確認することが出来るアプリです。

例えば1話。

IMG_8802

このように話し合ったテーマと、それぞれのテーマの開始時間、そして会話内容が記載されているアプリです。

当然ですがそれぞれ有料なので残念ですが、本格的に学びたいという方にはピッタリでしょう。

IMG_8804

英語で会話した部分に関しては、ちゃんと英語で記載されています。

 

リスニングするときに意識するポイントは2つ

mobile-616012__340

毎週放送されているバイリンガルニュースですが、ストーリー性はなく話が繋がっていないため、いつどの回を聴いてもオッケーです。
なのですべてをダウンロードしておき、いつでも聴ける状態にしておきます。

そして空き時間ができたらそれを聴き流し、堪能するだけです。

タイトルにはテーマが記載されているので、先にどのようなテーマのニュースについて話し合うのかだけは把握しておきましょう。

聴くときに意識するポイントは2つです。

1.女性の話す日本語に注目する

最初はマイケルの話す英語よりも日本語に注目して聴く方が効果あります。
聴いてもわからない英語は頑張って聴いてもわからないからです。

ではなぜ英語の学習なのに日本語に注目するのかということですが、話している内容が頭に入ってくるからです。すると英語でどういう反応をしたか、なんとなくの意味がわかります。

例を出すと、英語の長文読解です。長文読解のコツは、書いてある内容を大まかに把握することで、わからない単語があっても文脈や前後の単語などで意味がわかるケースがたくさんあります。

何について話しているのかはわかっていますので、日本語から対話の内容を汲み取ります。

すると「今こういうことを言ったんだろうな」ってことがわかるので、わからなかった英単語、英文をそのまま吸収することが出来ます。

2.何度も出てくる相槌の英語に慣れる

次に注目するのは、日本人マミが話したあとの、マイケルの反応です。

相槌というのはとても大事だと思っていて、日本の会話でも何か言われたあとに「へー、そうなんだ!」、「めっちゃわかる!」、「たしかにね。」なんて反応をしますよね。

バイリンガルニュースの第1回でこのような会話がありました。


マミ:すごくない?!

マイケル:Jeez.


私は最初、Jeezの意味すらわかりませんでしたが、「そうだね」、「びっくりだね」のような意味合いの肯定の単語だろうなということがわかりました。

外人に「Isn’t this amazing?!(これすごくない?!)」と言われても、「そうだね」という英語がわからないので「Yes.」と言ってしまいそうですが、ネイティブな相槌はこういう対話から習得するものです。

まとめ

  • ネイティブな会話が習得できる
  • オフラインでも聴くことが可能
  • 日本語と英語の混合なので内容がわかりやすい

私はオンライン英会話のレッスンを受けていましたが、「講師の言っている意味はわかるけど、なんて言っていいかわからない・・・。」なんてことが本当によくあり、苦労していました。

ただ相槌であったり、ネイティブの一語を覚えるだけで、会話の流れとして成立するのです。

映画や例文などのキチッとした英語ではなく、外人が実際に生で使っている英語を覚えることができることが最大の魅力ですね。

誰もが持っているスマホで学習できるので、ぜひ導入されてみはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です